LPガスのご利用案内 LP Gas User Guide

コンロがつかない場合のチェックポイント

元栓の状態

つまみが縦で開いている状態です。ガスが急に流れると元栓の安全装置が働く場合があります。元栓を一度閉じて、ゆっくり開けなおすと安全装置が解除され、使えるようになる場合があります。

電池の寿命

点火ボタンを押しても「カチカチカチ」という音が聞こえない場合、電池の交換が必要です。
電池ケース内の電池を入れ替えて下さい。
長い間保管していた買い置きの電池は放電している場合があります。電池を入れ替えても「カチカチカチ」という音が聞こえない場合、新しい電池をご用意ください。

バーナーキャップ

お掃除の後でバーナーが濡れていないか、ズレがないかなどお確かめ下さい。
また、バーナーキャップの溝が広がったり、つまったりするときれいな炎が出ません。
炎が浮く、炎が赤いといった場合はご相談ください。

センサー部分

お鍋やフライパンの温度を測るセンサー(バーナー中央の突起した部分)や、炎の熱を感知してガスを流すセンサーが汚れていても点火しない、または点火してもすぐに消えるといった状態になります。お鍋の底が変形し、センサーに十分当らない場合も同じ症状になります。
他のお鍋、フライパンに変えても症状が変わらない場合はご相談ください。

ガス・商品に関するお問い合わせ・ご相談については、
電話 0120-38-5505 までお気軽にどうぞ!

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ