キャンペーン オススメ商品 リフォーム 豆知識 会社案内 リンク

マッピー君の豆知識

キッチン編

 

4つのポイント

電気、ガス、水など、たくさんのエネルギーを使うキッチンは、
アイデア次第で効率よく省エネが実現できる場所。
毎日の暮らしの中のちょっとした工夫で、
節約とエコロジーを実践してみませんか。

POINT1.キッチンの電力消費No.1は冷蔵庫
365日24時間、休みなく使う冷蔵庫。もちろんその分消費電力も大きく、家庭用電力消費量の、なんと16.5%を占めています※。冷蔵庫の省エネをめざすなら、まずは食品の詰め込みすぎに注意。容量の7割ぐらいに抑えると冷気が効率よく行き渡るうえ、食材も探しやすくなるのでドアを開ける時間も短縮できます。根菜や果物、調味料の中で常温保存できるものはむやみに入れないこともコツの一つです。
※2001年現在。数値は資源エネルギー庁「エネルギー白書2004年度版」より

POINT2.手早い調理で、光熱費をカット
省エネクッキングのポイントは、電気やガスを使う時間をできるだけ短くすること。 たとえば鍋でお湯を沸かすときは、忘れずフタをすれば沸騰までの時間を短縮できます。 また、電子レンジやガスコンロ、グリルを使うとき、できるだけ複数の食材を同時にできるような献立を組めば、調理時間もエネルギーも短縮できます。

グリル
ゆでる
グリル
肉や魚の横に、ホイルに包んだ野菜を並べれば、メインと付け合わせが同時に完成!
オーブン
上段で肉、下段で付け合わせの野菜などを同時に加熱すれば、時間の節約に。
オーブン
ゆでる
パスタ&アクの少ない野菜など、
可能なものは同じ鍋で同時にゆでましょう。

POINT3.無駄な保温してませんか?
電気炊飯器で炊いたご飯を長時間保存すると、余分な電力がかかります。ご飯が余ったら、1膳分ずつラップに包んで冷凍しましょう。平たい形にしておくとスピーディーに冷凍でき、電子レンジで温め直せば炊き立ての風味が戻ります。電気ポットも長時間保温したままにしておくより、使うたびに再沸騰させた方が省エネになることも。湯沸かし時と保温時の消費電力を調べて、かかる電力を比べてみましょう。
炊飯器
ポット

POINT4.こまめな掃除で省エネ効果アップ!
電子レンジの中の食品の飛び散りや、ガスコンロの煮物の吹きこぼれ跡、こびりついたままにしていませんか?
電子レンジは内部の汚れにもマイクロ波が反応するので、そのままにしておくと余分な電力を使ってしまいます。使うたびにふきんでサッとふいておくといいですね。またガスコンロも、バーナー炎口が汚れていると熱効率がダウンします。2か月に1度は古歯ブラシや竹串で汚れをこそげ落としましょう。
こまめな掃除で省エネ効果アップ!


監修:稲木裕子(キッチンスペシャリスト )