キャンペーン オススメ商品 リフォーム 豆知識 会社案内 リンク

マッピー君の豆知識

我が家編

我が家の防災ルール
役立つものを賢く準備 非常持ち出し袋チェックリスト

災害は、いつ、どのようにして襲ってくるか分からないものだからこそ、ふだんから災意識を高めておくことが大切です。家族みんなで話し合って、万一に備えたルールづくりを始めましょう。

家族で防災会議を開こう

災害は、いつ襲ってくるか分かりません。いざというときにあわてず的確な行動をとるためには、ふだんから防災意識を持つことが何よりも重要です。少なくとも年に一度は日を決めて、非常時の家族の役割分担を確認しましょう。同時に、非常持ち出し袋の入れ替えを兼ねて、家族で非常食を食べてみる日にするのもおすすめです。

たとえばこんな日に
○ 9月1日(防災の日) 関東大震災が発生した日。 台風が襲来しやすい時期でもある。
○ 1月17日(防災とボランティアの日) 阪神・淡路大震災が発生した日。

非常持ち出し袋を準備しよう!

非常持ち出し袋の重さは、男性15kg、女性10kgが目安といわれます。 ただし、非常のときにそれだけ重さの袋をとっさにつかんで逃げるのは難しいもの。完璧な準備をしていても、持ち出すことができなければ意味がありません。地震や火事ですべてを持ち出すのが難しくなる事態も想定して、枕元、玄関、庭先、車のトランクなどに緊急度に応じて分けて置いておくのも一案です

○ 枕元に 貴重品、笛、懐中 電灯、ラジオなど
○ 玄関に 食料品、衣類、日用品など
○ 庭先に 飲料水、工具など

災害用伝言ダイヤル171

大きな災害が起きると、安否確認などで被災地への通信が殺到するため、電話がつながりにくくなってしまいます。 「災害伝言ダイヤル171」は、大災害が起きたとき限定で利用できるNTTの伝言サービスです。 電話がつながりにくいとき、被災者やその安否を気遣う人が171にダイヤルしてガイダンス通りに操作すれば、伝言を録音したり、いたりすることができます。 一般電話、公衆電話、携帯電話のいずれからでも利用できるので、非常のときの連絡手段として覚えておきましょう

171に電話する ⇒ 「伝言の場合1、再生の場合2」を ダイヤルする ⇒ 被災者の電話番号をダイヤルする

防災訓練に参加

せっかく用意している消火器や避難器具、使いこなせる自信がありますか? いざというときに落ち着いて対応するためには、事前に体験しておくことがとても大切。地域で防災訓練が開催される機会があれば、ぜひ参加しておきましょう。 ご近所との協力を深めるチャンスでもあります。また、消火器を使った消火体験、煙の中からの避難体験など、臨場感のある体験型訓練ができる 「防災センター」も各地にできています。レジャーがてらに家族で訪ねてみてはいかがですか。



これだけは枕元に

必要最小限のものは、睡眠中にすぐにつかめる場所においておくと安心です。

  • 小銭
    → 使いやすい小額紙幣や、公衆電話用の小銭を多めに。

  • → 閉じ込められたときに助けを呼ぶことができます。
  • 保険証のコピー
  • 親戚などの連絡先
  • 懐中電灯
  • 携帯ラジオ
  • 携帯電話

緊急・衛生用品

薬類は、使用期限に注意しながらこまめに入れ替えましょう。

  • 常備薬
  • 消毒薬、包帯
  • 下着、生理用品
    → 使い捨てタイプの下着をストックしておいても。

食料&水

長期保存できる非常食の種類が豊富になっています。 家族の好みも考慮して用意しましょう。

  • レトルト、缶詰,保存用食品
    → 加熱、水なしで食べられるものを中心に用意を。
  • チョコレート、飴
    → 甘いものには、疲れを癒す効果があります。
  • 飲料水 or 浄水用品
    → 重い水は庭に置いておいても。浄水用品も各種出ています。

生活用品

何にでも使える汎用性の高いものを最小限度用意しておくのがおすすめです。

  • タオル
    → 多目的に使えます。
  • ラップ
    → 食器代わりや、ヒモ代わりとしても使えます。
  • ティッシュ or トイレットペーパー
  • ポリ袋、ゴミ袋
    → 非常時のトイレにも。
  • 乾電池 or 充電器
  • マッチ、ライター
  • 防寒シート
  • 予備の眼鏡
  • 底の厚い靴、軍手
    → 地震で割れたガラスなどから身を守ります。