キャンペーン オススメ商品 リフォーム 豆知識 会社案内 リンク
トップページ > マッピー君の豆知識 > つらい冷え性なんとかしたい!

マッピー君の豆知識

つらい冷え性なんとかしたい!

暖房は床暖房が理想
半身浴で全身の血行を促進!
旬の食材は強い味方!
いくら暖房しても手足はヒンヤリ。肌はカサカサ、肩こりも・・・。
寒くても空気が乾燥した冬は、体の悩みも深刻です。
住まいの工夫で改善してみませんか?
1.暖房は床暖房が理想

冷え性の改善のためには、床暖房が理想的。
床全体を足元からポカポカと暖めるため、「頭寒足熱」の状態が簡単に実現できるのです。足元を暖めると、全身の血行がよくなって体全体が温まります。そのため、室温はあまり上げずに快適に暖房できるのです。
広いLDKや吹き抜けなど、エアコンやストーブで暖房しにくいスペースも床暖房なら快適に。薄着で過ごせるので、家事もアクティブにこなせそうですね。

おすすめは、低温やけどをしにくい温水式。床下に温水パイプを埋め込む工事が必要ですが、今使っているフローリングの上から施行できるパッケージタイプなら工事も簡単。1日でポカポカのリビングが完成します。

2.半身浴で全身の血行を促進!

 冬の冷えた体を暖めてくれるのはなんといってもお風呂。
でも、寒いからといって、ヤケドしそうな熱いお湯を沸かしていませんか?体を芯まで暖めるためには、熱すぎるお湯は逆効果。ぬるめのお湯にじっくりつかった方が、湯ざめもしにくいのです。また熱いお湯は特に高齢者の心臓に負担をかけてしまいます。

そこで、おすすめは半身浴。浴槽のお湯をいつもより少なめにし、みぞおちから下まで湯につかる入浴法です。湯温は38~40℃程度のぬるめに設定。20分もすれば、じんわりと汗がにじんできます。そして湯上がりは全身がポカポカに!

汗をかいた後は水を飲んで水分を補給することもお忘れなく。

3.旬の食材は強い味方!

漢方の世界では、食材も体を温めるもの(温)と冷やすもの(冷)に分類されています。冷え症の味方はもちろん「温」の素材ですが、なるほど、冬の旬の素材が多く、寒い季節においしそうなものばかり。
バランスよく旬をいただきながら、自然のリズムを取り戻しましょう。
「温」:ネギ、タマネギ、生姜、ニンニク、ニラ、かぼちゃ、人参、ゴボウ、唐辛子、納豆、梅干し、羊肉、鶏肉など。
*主に香辛料になる野菜や、水気の少ない根菜、緑黄色野菜に多い。

「冷」:なす、キュウリ、トマト、レタス、タケノコ、セロリ、バナナ、スイカ、メロン、牛乳、カニ、清涼飲料の多く、白砂糖など。
*主に夏場、南国で採れる果物や、水気の多い野菜に多い。