キャンペーン オススメ商品 リフォーム 豆知識 会社案内 リンク
トップページ > マッピー君の豆知識 > 調理器具長持ち大作戦

マッピー君の豆知識

調理器具長持ち大作戦

調理器具のカンタンお手入れ術
お手入れの2つのポイント
調理器具のカンタンお手入れ術
1.炊飯器

<蒸気口や内側の排出口>
ご飯のデンプン質がのり状につくので、ペーパータオルを竹串に巻いて水に浸しながら、えぐり出すように取る。

<本体表面・フタ>
台所用洗剤を薄めた液を布に染み込ませ、汚れ部分だけを水拭きする。

<本体内部>
なるべく洗剤や水を使わず、固くしぼった布巾で湯拭きする。

<ヒーター部分>
金属部分に焦げ付きがあるときは、ナイロンたわしで軽くこする。

2.電子レンジ

※オーブン機能のない場合

<本体内部>
耐熱容器に水を入れ、なかが蒸気でいっぱいになるまで加熱する。
水蒸気で汚れがゆるんでから、よくしぼった雑巾でふく。台所用洗剤をつけてOK。
洗剤は残さないよう、しっかり湯拭きして。

<ターンテーブル>
温かいうちに湯拭き・こびりついた汚れは台所用洗剤で洗う。

<ガラス扉>
洗剤付きのスチールウールで円を描くように軽くこすり、湯拭きする。

3.オーブントースター

<本体内部>
底フタをあけて古歯ブラシで焦げカスを払い、庫内が温かいうちに水で固くしぼった布で拭く。

<受け皿>
はずして台所用洗剤液を入れたぬるま湯につけ置きし、水洗い。

<ガラス管ヒーター>
ティッシュペーパーに弱アルカリ性洗剤をしみ込ませてパック。
汚れがゆるんだら拭きとって、湯拭きする。

※ヒーターが熱い場合がありますので注意して下さい。
※ヒーターにティッシュが残ると事故や故障の原因になりますので、確実に拭き取ってください。

<網>
アルミホイルではさんでこする。

4.ホットプレート

<本体>
温かいうちに、台所用洗剤をつけた布で汚れを拭う。洗剤を残さないよう、しっかり湯拭きして。

<プレート表面>
ガンコな油汚れは、台所用洗剤を浸したペーパータオルで湿布し、30分くらい放置。汚れが浮いてきたら、軽くこする。
プレート表面が傷つくので、ゴシゴシ洗いは禁物。

5.鍋 フライパン
鍋やフライパンは、材質に注意してお手入れを。  
<ホーロー>
ホーロー鍋の焦げは無理にとらず、熱いうちに台所用洗剤(小さじ1程度)をたらした湯をはって、5分程度おいてからスポンジでこする。
<アルミ>
アルミ鍋の軽い焦げ付きは酢(小さじ2程度)を落として煮詰めるのがGood!
<テフロン(フッ素樹脂)加工>
テフロン加工に金属タワシは厳禁!スポンジでサッとふきとる。
フッ素樹脂がはがれやすくなるので、漂白剤は使わないで。

<鉄>
水に入れて火にかけ、熱いうちにタワシでこする。
お湯にさわらないようご注意を!その後水洗いし、カラ焼きする。

 
<中華鍋>
やわらかいスポンジに台所用洗剤をつけてゴシゴシ洗い、火にかけて軽くカラ焼きする。
6.まな板
つかいおわったらすぐに洗う。雑菌防止には、塩素系漂白剤の泡スプレーを吹きつけ、5~10分おいてから水洗いする。
6.まな板
水洗いしたら熱湯をかけ、水分を拭きとってから収納する。
トマトがスッと切れなくなったら、そろそろ包丁を研ぐ時期。

ポイント1 パッと使ってサッとしまおう!
 包丁やまな板、鍋やフライパン・・・。毎日使う調理道具は、それぞれの材質や、特徴に合わせて手入れし、長持ちさせるのが、ポイント。
使用後は水切りをして、すぐにしまうよう心がけましょう。
ポイント1 安全チェックは大丈夫?
調理家電のお手入れの際は、安全チェックをお忘れなく。
チェック1 電源プラグは抜きましたか?
お手入れを始める前には、必ず電源プラグを抜きましょう。
また、水で濡れた手でプラグを触ると大変危険!ご用心を。
電源プラグは抜きましたか?
チェック2 家電製品はお水がキライ!
炊飯器やホットプレートなどの家電製品は、内釜は丸洗いできますが、外側の部分に水気は厳禁!故障の原因になるだけでなく、ショートする危険があります。 家電製品はお水がきらい!
チェック3 手袋はつけましたか?
洗剤による手あれを防ぐためにも、お手入れの際には手袋を使いましょう。
細かいところや見えにくいところをお手入れする場合も安全です。
監修・・・油田 加寿子(暮らしのDIYアドバイザー)