キャンペーン オススメ商品 リフォーム 豆知識 会社案内 リンク
トップページ > マッピー君の豆知識 > キッチンまわりキラキラ大作戦

マッピー君の豆知識

キッチンまわりキラキラ大作戦

キッチン回りのカンタンお手入れ術
お手入れの4つのポイント
キッチンまわりのカンタンお手入れ術
換気扇

レンジフード
1.アルカリ性洗剤をスプレーする。
2.ペーパータオルをぴったり張る。
3.さらにその上から洗剤をスプレーし放置する(15~30分)。
汚れが浮いてきたら、ペーパータオルでぬぐい、水拭きする。

■フッ素コートの場合、アルカリ性洗剤を使うとシミの原因に。
 アルミも変色することがあるので要注意!

換気扇
羽根・ワク
1.取り外せるものはすべて取り外す。
2.40~50℃のお湯につけ置きタイプの洗浄液を溶かし、部品をつけ込む。
(2~4時間)
3.古歯ブラシなどでこすり、水洗いする。
■ネジなどの小さな部品をなくさないように!

羽根、ワク
知っトク!
油汚れは油で落とす!
ペタペタした油汚れは、ボロ布に食用油をつけて拭くだけで、汚れがなじんできれいに落とせます。換気扇などのベタベタ汚れも、灯油を使うとピカピカに。洗剤と違ってプラスチックや塗装面を傷める心配もほとんど無用。
ただし、火気には十分注意し、手袋をするのをお忘れなく。
油汚れは油で落とす
キッチンまわりのカベ・床
壁(こびりついた汚れ)
1.先に割りばしやヘラで汚れを削り落とす。
2.アルカリ性洗剤をスプレーし、ラップを張りつけしばらく湿布する。
3.ボロ布で拭き取り、水拭きする。
■洗剤分が残っていると変色の原因になるので、しっかりと水拭きを!
壁にこびりついたよごれ

油をこぼした場合・・・床にこぼした油は、小麦粉をたっぷり振りかけてから拭き取る。
卵をこぼした場合・・・卵は塩をまぶしてポロポロの状態にしてから拭き取る。
床
知っトク!
洗剤拭きは下から上へ!
壁面に洗剤をスプレーして拭き取るとき、上のほうから拭いていくと、たれ跡が下に残っちゃう・・・。そんな場合は、下の方から上の方へ、順にスプレーしては拭き取るようにすると、液だれの跡がつく心配がありませんよ。
洗剤拭きは下から上へ!

ポイント1 その日の汚れはその日のうちに
お料理をするときは必ず換気扇を回し、油の粒子をできるだけ外に出してしまうのがポイントです。 キッチンの床や壁は、一番活躍する場所だけに、最も汚れがつきやすいところ。時間とともに落ちにくくなる油汚れも、ついたその日のなら、サッとひと拭きするだけでカンタンに落とせます。毎日が無理でも、週に一度はお湯で拭くよう心がけましょう。
また、油汚れは予防も大切。お料理をするときは必ず換気扇を回し、油の粒子をできるだけ外に出してしまうのがポイントです。
ポイント1 洗剤を上手にセレクト
どれだけゴシゴシ磨いても、汚れの性質と洗剤が合っていなければ効果も激減。
汚れの種類に応じて洗剤をセレクトするのが、お手入れ上手の秘訣。
レベル1 ついてすぐの汚れ→中性の台所用洗剤
台所用洗剤とは食器用洗剤のこと。中性なので、素材を傷めることなく汚れ落としに使えます。
レベル1 こびりついた汚れ→弱アルカリ性付け置きタイプの洗浄液
換気扇の羽根にこびりついたベタベタ汚れも、つけ置き用洗浄液につけ込むだけで、ラクに汚れを落とせます。
つけている間に他のことができて能率的。除菌・消臭効果もあります。
弱アルカリ性付け置きタイプの洗浄液
レベル1 ガンコな油汚れ→アルカリ性のクリーナー
変質した油汚れやガンコな手アカを分解。
使用時は、必ず手袋を着用し、水拭きをお忘れなく!
ガンコな油汚れにはアルカリ性のクリーナー
ポイント1 汚れる前にシャットアウト
汚れやすいとわかっていても、なかなかお手入れが行き届かないのが換気扇。レンジ回りの床や壁もすぐに汚れてしまいます。お掃除の手間を省くためにも、汚れはあらかじめシャットアウトしてしまいましょう。
フィルターはこまめに取り替えて!

換気扇
お掃除が済んだら、きれいなうちにフィルターを。フードやダクトの中など、取り外せない部分の汚れを防ぐので、お掃除がグンとラクに なります。羽にコート剤やワックスを塗っておくのもGood。髪用のリンスなどでも代用できます。

フィルターに汚れがたまると換気が悪くなり、かえって キッチンが油だらけに・・・。 フィルターはこまめに取り替えて!


食べ物や油が飛び散りやすい壁面には、油防止シートがおすすめ。

揚げ物などをする場合には、2~3枚重ねの新聞紙を床に敷いておくと安心。
ポイント1
お手入れの際は、安全チェックをお忘れなく。
レベル1 換気扇の電源コンセントは閉めましたか?
換気扇のお手入れを始める前には、必ず電源プラグを抜きましょう。
レベル1 洗剤の種類は確認しましたか?
洗剤の中には混ぜると有毒ガスが発生したり、効果が激減するものも。
洗剤の説明書をよく読んで正しく使いましょう。

洗剤の中には混ぜると有毒ガスが発生したり、効果が激減するものも。洗剤の説明書をよく読んで正しく使いましょう。
レベル1 手袋はつけましたか?
洗剤による手荒れを防ぐためにも、お掃除の際には手袋を使いましょう。
細かいところや見えにくいところをお手入れする場合も安全です。