トップページ > LPガスもくじ > 強くてやさしいLPガス

強くてやさしいLPガス

パワーが強い

LPガスの発熱量(kcal)は23677kcal/m3、都市ガスの発熱量(kcal)は10,450kcal/m3で、LPガスの方が約2倍もハイカロリ−で火力も大変強いのです。
また、強い火力が必要な業務用では、その用途にあわせ微妙な圧力の調整も可能です。

使う人にやさしい

本来LPガスは無色透明無臭のガスです。危険防止の為に、空気中に漏れてしまった時、すぐにわかるように、わざと“におい”がつけられているのです。

地球にやさしい

LPガスは完全燃焼させると炭酸ガスと水蒸気になります。成分中に窒素分や硫黄分をほとんど含まないので、SOx(硫黄酸化物)の発生が少ない為、大気汚染防止につながり、そのことは、SOxや、NOxなどの大気汚染物質が雨に混ざることによって生じる、酸性雨の防止にもつながります。さらに、LPガスは、二酸化炭素の排出量も少なく、オゾン層破壊の原因とされているフロンにかわる物質としてつかわれており、地球温暖化防止にもつながる、クリーンエネルギーなのです。
また、ハイカロリーで熱効率が高いということは、省エネ効果も大きくなります。

災害に強い

大地震や災害が起こった場合、都市ガス・電気は復旧に大変時間がかかりますが、LPガスは、復旧に手間取りません。
なぜなら、LPガスは個別コントロ−ルが可能なエネルギ−だからです。
あの阪神大震災で改めて『災害に強いLPガス』が証明されました。

戻る